3TーMRIに最新設備の導入が完了しました 

これにより、MRIでまた新たな撮影法が臨床応用され始めました
今回はMRI検査で造影剤を用いない脳血流動態評価
(3D-ASL法)脳パフュージョン検査をご紹介いたします
 脳主幹動脈閉塞性病変においては、様々な程度で脳循環代謝に障害が生じることが知られています。これらの疾患では脳血流状態を評価することが重要となり、以前からpositron emission tomography(PET)、single photon emission computed tomography (SPECT)といった放射性同位元素を用いた検査が一般臨床では広く用いられています。
 その一方、近年MRIの技術的発展により形態学的変化はもちろん、脳循環動態も評価 が可能となりました。今回、新たに導入いたしました perfusion weighted imaging(PWI) のArterial spin labeling(ASL)法 は、MRIによる血流を計測する手法です。当初は実験用MRI装置で提案された手法でしたが今回、臨床機において使用される事となりました。
 MRIによる脳血流動態評価は PET、SPECT といった核医学検査と違い放射線被曝がありませんし、所要時間が短く検査費用が安価であること、さらに造影剤を使わなくても灌流画像を得ることができ、完全に非侵襲的であり、MRIでこそ可能とする本来の特徴を いかした手法となりました。
各種灌流画像法の特徴
検査方法 トレーサ 低侵襲性 利便性 定量性 空間分解能
CT灌流画像 ヨード造影剤
MR灌流画像(DSC) Gd造影剤 '+拡散強調画像
MR灌流画像(ASL) 血液 '+拡散強調画像
SPECT 放射性同位体
PET 放射性同位体 '+酸素消費量・摂取率
Xenon CT Xeガス

脳梗塞の血流低下をASL画像で表示
脳梗塞発症時のASL画像とMRA画像
tーPA(血栓溶解療法)後のASL画像とMRA画像
血流が戻ったため殆ど脳梗塞を起こさずに回復
ASL画像で血流が回復したことが確認できます

脳腫瘍での血流変化を
ASL画像で表示
リオーマの悪性度診断
腫瘍類以病変との鑑別