介護支援 まどか
介護保険サービスを利用するには?
1. 年齢で2つの被保険者に分けられます
第1号被保険者
65歳以上の方
サービスを利用できる方
日常生活の支援が必要となったり、常に介護を必要とする方。
※どんな病気やケガがもとでなったかは問いません。
第2号被保険者
40〜64歳の方
サービスを利用できる方
加齢が原因とされる病気(特定疾病)により介護や支援が必要となった方。
※事故や特定疾病以外の病気が原因で介護や支援が必要になった
 場合は対象外となります。
加齢が原因とされる16の特定疾病

2. 申請
各市町村の窓口で要介護・要支援認定を申請します。
ご本人、ご家族以外に民生委員や地域包括支援センターや居宅介護支援事業所・介護福祉施設も代行申請ができます。

3. 要介護認定
申請すると、訪問調査(ご本人の心身の状態や日常生活の様子の聞き取り調査)やかかりつけ医の「主治医意見書」をもとに、医療、福祉、保健の専門家が介護認定審査会で公平に審査し、要介護状態区分を判定します。
4. 結果の通知 
申請から約1ヶ月で認定結果が届きます。
*「非該当(自立)」の方は、介護保険サービスは利用できません。
*「 要 支 援 」の方は、居宅サービスが利用できます。
*「要介護1〜5」の方は、居宅サービス又は施設サービスが利用できます。
5. サービスの選択・利用
認定結果が出る前に暫定で申請日から介護保険サービスを利用することが可能です。その際に、サービスを利用する場合、介護度ごとに支給限度基準額が決まっているため、ケアマネージャーとよく相談することが必要です。
利用する前に、居宅介護支援事業所及び所属する担当ケアマネジャーに、ケアプランの作成依頼をします。
どの事業所に依頼するかの届出書を市町村役場に提出します。
「居宅サービス」
ケアプランに基づいて、サービスを利用します。
「施設サービス」
ケアマネジャーは、ご本人の状態を基に、ご希望に添った施設の紹介をします。
ご本人・ご家族が施設に直接申し込みます