CT
介護老人保健施設
円会センテナリアン
介護支援まどか
老人保健施設 円会センテナリアン 居宅介護支援事業所 介護支援まどか

 外部からは人体の内部がどうなっているかは、どうやっても肉眼で観察することは不可能です。しかし、CT装置により身体の輪切りの写真を撮影することで、内部の観察をすることが可能になります。
 当院では16列の検出器を持ったマルチスライスCT(GE社製Brght Speed)を備えております。頭部の通常撮影では5mmで26〜30ほどの写真を撮影します(約2〜3分かかります)。ただし、5mmで構築した画像も約0.6mmにバラし再構築する画像処理も可能で、頭部全体を多方向から観察することも可能です。胸部や腹部は体格にもよりますが、10〜20秒ほどの息止めで撮影が終了します。
 また特殊な検査としまして・・・、造影剤を使用し、血管と骨の位置を立体的に観察できる3D−CTA(主に頭部や頸部)や、脳内の血流分布を観察・計測するPerfusion-CTなども行っています。尚、放射線(X線)を使用しているため、妊娠の可能性のある方は検査が受けられないこともありますので、事前にご相談下さい。
3D−CTアンギオ(内頚動脈瘤)
医療機器紹介
3.0T MRI CT 血管撮影装置
医療法人円会 瀬口脳神経外科病院
〒395−0004 長野県飯田市上郷黒田218−2
TEL:0265−24−6655 
FAX:0265−24−1745