血管撮影装置(DSA)
 これは、血管内にカテーテルといわれる特殊な管をいれて、そこから造影剤を流すことにより、リアルタイムに血管を撮影することのできる検査です。DSA(デジタル サブトラクション アンギオグラフィー)といわれる撮影を行うことで、血管以外の画像をすべて消してしまうことができます。しかも、CT、MRIと違って血管を選択的に撮影することが可能なため、速やかに病変部を発見、治療することができます。特に、血管内手術には威力を発揮します。従来よりも時間が大幅に短縮され、より安全で、より詳しく、より楽に検査を受けていただけます。
左内頚動脈瘤 左内頚動脈瘤クリッピング術後
介護老人保健施設
円会センテナリアン
老人保健施設 円会センテナリアン
介護支援まどか
居宅介護支援事業所 介護支援まどか
医療機器紹介
3.0T MRI CT 血管撮影装置
医療法人円会 瀬口脳神経外科病院
〒395−0004 長野県飯田市上郷黒田218−2
TEL:0265−24−6655 
FAX:0265−24−1745