脳神経外科
脳神経外科とは
 脳神経外科とは広い意味において外科学の一部門ですが、中枢神経系(脳・脊髄)と末梢神経の疾患に対して外科的な治療を行う臨床医学の専門科目です。また日本においては外科的な治療の対象とならない神経疾患(脳梗塞・めまい症など)に対しても脳神経外科医が積極的に治療を担っていることより、特殊な神経疾患をのぞいて神経学全般に対して治療を行っている専門科目です。
脳神経外科の歴史
 脳神経外科の歴史は意外と古く、簡単な穿頭術については古代エジプト時代より行われていた形跡があります。これは天災や闘争による頭部外傷が人類の歴史とともに存在したためと考えられています。その後も神経解剖・神経生理学・基礎医学の発達と同時に手術が進歩していきました。
 近代脳神経外科は1901年Harvey W.Cushingがアメリカで脳神経外科を標榜した頃より始まりました。その後、革新的な診断技術の向上(CT・MRI等)、顕微鏡手術の導入等により手術成績が飛躍的に向上し、現在では各種の手術支援機材を駆使して、より安全に手術が行われています。また血管内手術の進歩により治療選択の幅も広がっています。
当院での脳神経外科治療
当院では以下の疾患に重点を置いて診療を行っています。
 昨年の手術件数
1. 脳卒中(くも膜下出血・脳出血・脳梗塞)
2. 未破裂脳動脈瘤の手術
3. 脳梗塞の予防的手術(血管吻合術・頚動脈内膜剥離術)
4. 機能的外科手術(顔面痙攣・三叉神経痛)
5. 頭部外傷
6. 脳腫瘍(原発性脳腫瘍・転移性脳腫瘍)
7. 脊髄・脊椎疾患(頚椎症・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症)
8. 炎症性疾患(脳膿症・脳炎・髄膜炎)
9. 頭痛
10. めまい症
また以下のような専門外来を設け治療を行っています。
1. 眼瞼・顔面痙攣・痙性斜頸に対するボツリヌス毒素治療外来
2. 頭痛外来
3. 脳脊髄液減少症外来

介護老人保健施設
円会センテナリアン
老人保健施設 円会センテナリアン
介護支援まどか
居宅介護支援事業所 介護支援まどか
医療法人円会 瀬口脳神経外科病院
〒395−0004 長野県飯田市上郷黒田218−2
TEL:0265−24−6655 
FAX:0265−24−1745